勤怠システムを給与まで連携

勤怠というのは会社や店舗などで従業員が働いた実績です。何日に出勤をして休んで、何時から出勤をして何時に退勤をしたといった内容となります。勤怠は会社や店舗で管理しなければなりません。それは自由に働いていいというものではなく、決められた日に決められた時間内に勤務することが基本なのです。

もし決められた日以外に出勤をしたり、決められた時間以外に就労をする場合は休日出勤や残業といった判断をしなければなりません。その上で割増賃金を支払う必要があります。また従業員には有給休暇も発生します。これは有給ということで給与として支給される休暇のことになります。

これら日数も管理しなければなりません。このような勤怠の内容は適正に就労ができているか管理をするということと、給与計算にもその結果を使用することになります。勤怠システムを導入することで、勤怠管理、給与計算まで連携することができます。勤怠管理ということではタイムレコーダーなどから出勤や退勤の実績時間を収集します。

勤怠システムがあればその内容を随時確認することができるようになります。有給休暇などの使用については承認をしなければならないことから申請する方法が一般的です。これも勤怠システムで申請することも可能です。勤怠システムで収集した実績から何日働いたのか、残業時間や遅刻早退の有無と確認して総労働時間は何時間か計算することができるようになるため、その結果を給与計算と連携をしてより効率的に行うことができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*