勤怠管理クラウドなら知識や専用ソフトが不要

勤怠管理クラウドは会社の中での勤怠管理を自動化させることが出来るシステムの一つです。従来の勤怠管理はアナログ式のタイムレコーダー、そしてタイムカードを利用して勤怠管理が行われていました。しかし、社員数が増加することで人力でのタイムカード集計が困難になってくるとシステム化を図る企業が多くなっています。尚、システム化させるためには勤怠管理用のサーバーを立ち上げたり、専用のソフトを導入すると言った具合に、知識やコストが多くかかる事になります。

その点、勤怠管理クラウドは専用のサーバーはクラウドサーバーと呼ばれているもので、勤怠管理クラウドシステムを提供する会社がサーバーを立ち上げ管理を行っているため、利用する企業は知識や管理は要りません。従業員がICカードなどを使って出社時と退社時にハードウェアにかざすことで、ICカードに記録されている社員情報とカードをかざした時刻をサーバーに送り込んで保存をしてくれるため、集計はコンピューターが行ってくれる事からも、一ヶ月の所定労働時間のチェック、残業時間の集計などが自動化させる事が出来ますし、通常勤怠管理用のソフトウェアが必要になりますが、勤怠管理クラウドはサーバーに接続すれば専用のソフトがパソコンにインストールされていなくても勤怠管理を容易にしてくれると言うメリットが在ります。更に、サーバーなどが外部に在るのでコストを抑えた形で勤怠管理を行えるなどのメリットも在ります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*