無料から試せる勤怠管理ソフト

未だに根強い人気のあるタイムカード式レコーダー。この勤怠管理方法はパソコンに詳しくないユーザーに使いやすく、今でも使われています。システム導入に不安がある、使いこなせる自信がないと考える経営者の方も多いようです。紙のタイムカードはしっかりと勤怠管理が残せるので、確実性には優れていますが、タイムカードの保管場所やコストなどの問題もあります。

タイムカードの回収も手間がかかりますし、印字が不明瞭だと確認作業も大変です。そろそろ勤怠管理の方法を変更したいと考えている場合は、勤怠管理ソフトの導入を検討してみましょう。ネットに繋がる環境さえあれば、従業員の勤怠管理が簡単に行えます。システム自体を導入となると、高額な費用がかかります。

しかし、クラウドや勤怠管理ソフトであれば、初期費用無料で勤怠管理ができるようになります。完全フリーでまったくお金がかからないソフトもありますので、従業員が少ない企業や、とりあえず雰囲気を確かめたい場合は完全無料の勤怠管理ソフトを使ってみましょう。フリーソフトはサービスが終わってしまう可能性もあるので、長期的に使うには向いていません。しかし、どのように勤怠管理をするのか知るには最適です。

勤怠管理ソフトを提供している会社の多くは無料期間やトライアル期間を設けています。相談だけでも受け付けている会社もありますので、自社にはどのようなソフトが向いているかを問い合わせてみるのもおすすめです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*