指静脈認証が使える勤怠管理ソフト

タイムカードを使った打刻方法だと、同僚がかわりに打刻してしまうという不正打刻が簡単です。そのため、遅刻しても誰かに押してもらえば良いという甘い考えがついてしまう可能性もあります。労働力が低下することはもちろん、職場の士気を下げることにもなりかねません。これを防ぐ方法として、指静脈認証システムが使える勤怠管理ソフトを使うという方法があります。

指静脈認証システムだと自分の指しか使えないので、不正打刻は不可能です。しかも手間がかからないので、休憩時間も正確に把握しやすくなります。勤怠管理ソフトには、指指紋認証を利用したものもありますが、これだと指紋の形によっては認識されなかったり、汚れていたり、ふやけていると読み取れない場合があります。つまり、工場や飲食業などの職場では使いづらいということです。

これに対して、指の状態や形に左右されない指静脈認証システムは高精度で生体認証してくれるので安心です。銀行などの金融機関でも、指静脈認証システムは採用されています。勤怠管理ソフトは、労働時間を計算して給与に反映させるだけのものではありません。それは基本の機能として、従業員のモラルの維持にも使うことができます。

これにより、公平な労働環境が維持できるようになります。また、今後重要視されていくメンタルヘルスについても、従業員の労働時間をこまめにチェックすることで、メンタルの不調を未然に防ぐことにも使えます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*